手ぬぐいで、数奇屋袋を手縫いで作るワークショップ@刻家

2017/5/13ワークショップを開催しました。

講師 山本和美

和裁を、お稽古されています。さりげない普段の日用品を、先生のセンスで手作りされています。

カンタン、楽チンにたのしめる、ワークショップです。

沖縄在住の、ドゥカティさんの手ぬぐいを、材料に

数奇屋袋を、手縫いで作りました。

てぬぐいは、まま.めぞんさんで購入しました。

数奇屋袋の材料は、一枚の手ぬぐいです。

Doucottyさんの手ぬぐいは、色や柄が元気で楽しいので、普段にも使用しています。

選んだ布を広げて、完成した数奇屋袋を想像しながら、先生にの指導のもと、手ぬぐいをカットします。みなさん縫い物は、初心者でしたか、楽しくお話ししなから、チクチクしました。柄の出し方もかなり、考えていらっしゃいました。

完成した数奇屋袋です。

お二人で

手ぬぐいを、シェアすると、外と内側の生地をかえることができます。


Doucottyの、サインがフタに綺麗に出ていますね。

今回、講師を務めて下さいました山本和美さんは、自らもがんを克服され、癌患者の職場復帰の支援や、お話会などをして心のケアをされています。

是非、皆様も、ご支援下さい。

刻家で、エプロンシスターズでパチり。  紐とボタンの位置を生地のサイズを変えると。様々の表情がでます。

こんなにクールになります。

エプロン作成出来るといいな。。

この記事を書いた人

眞理子

眞理子

大阪谷町 レンタルスペース刻家のオーナー 北村眞理子 です。

専業主婦の経験を活かし、心身ともに健康に美しく時を重ねる場所。

時をつなぎ人をつなぎ笑顔の花咲く場所として、刻家とともに在り続けていたいと思います。

心身ともに健やかにすごすことを楽しんでいます。オーガニックライフ。安心して身体も心も健やかに健康に。天然酵母を使用したパン、吟味した食材の販売をはじめました。

刻家のお稽古

季節ごと、美味を食す幸せを
日々の暮らしに、着物を纏う嬉しさを
新しい世界を知り、深く学ぶ喜びを
日々の暮らしを豊かにする愉しみを
大切な人たちと共に、人生を楽しむひと時を