2017/3/2 有田焼 色絵付けレッスン「端午の節句」開催報告

6回目のレッスン

第6回目になります、有田焼色絵付けレッスンを開催しました。「七夕」「中秋の名月」「干支 酉」「節分」「桃の節句」に続き今回は「端午の節句」です。年中行事野節句を絵付けしています。

 

色絵付けってどのようにするの?

伊賀恵理子先生の御指導のもと今日もレッスンが始まりました。今回の色は、京紫 濃群青 萌葱 朱 黒 金 ラベンダー 白8色です。絵の具を乳鉢に入れてにかわで薄めめてしっかりとすり合わせます。筆を持ち人差し指でトントンと叩くと玉のように絵の具が溜まるくらいが良い固さです。朱と黒は、へらで練り合わせをしてうすさの調節します。

伊賀先生に線書きしていただいたお皿に色をつけていきます。少しづつ線書きの練習もしています。皆様少しずつ進歩して、細やかな線も描けるようになってきました。細い線を引くときは、緊張して息をするのも忘れてしまいます。

絵付けは、黒い線書きの中に球体になった絵の具を落とし、盛るように色をつけていきます。焼き上がったお皿は、指でなぞるとふっくらとしています。

伊賀先生が、今日の絵付けのポイントを教えて下さっています。真剣な様子が伝わりますよね。

 

 

 

 


今日の刻家の玄関は、前回色絵付けした桃の節句野お皿と、桃の花でお客様をお迎えしています。
IMG_4634皆様も是非、世界に一枚の私のお皿。色絵付けを初めてみられませんか?

次回は、2017/4/3日 13:00-16:00 五寸皿 四寸皿 三寸皿 と枚数をお選びいただき、銘々皿野色絵付けをします。

節句のお皿ご希望の方は、お気軽にご連絡下さいませ.

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事を書いた人

眞理子

眞理子

大阪谷町 レンタルスペース刻家のオーナー 北村眞理子 です。

専業主婦の経験を活かし、心身ともに健康に美しく時を重ねる場所。

時をつなぎ人をつなぎ笑顔の花咲く場所として、刻家とともに在り続けていたいと思います。

心身ともに健やかにすごすことを楽しんでいます。オーガニックライフ。安心して身体も心も健やかに健康に。天然酵母を使用したパン、吟味した食材の販売をはじめました。

刻家のお稽古

季節ごと、美味を食す幸せを
日々の暮らしに、着物を纏う嬉しさを
新しい世界を知り、深く学ぶ喜びを
日々の暮らしを豊かにする愉しみを
大切な人たちと共に、人生を楽しむひと時を