妊娠中や母乳を与えているママにおすすめの献立。

妊娠中や母乳を与えているママにおすすめの献立。

 

 私、おばあちゃんになりました

この度、私の娘が第一子の男子を出産致しました。ただいま産後の里帰りをしています。

祖母になった私に出来ることを、色々と考えました。今日常に積極的に取り入れています日本古来の食は、母乳にも良い働きをします。まずは、母子ともに健やかに落ち着いた環境を整え、ゆっくりとした子育てをしてほしいと思いました。。新生児に与える娘の母乳が、良いものになる献立を工夫しています。長年学んだ雑穀の知識から考えた献立です。今日は、ひえ粉のシチューをご紹介します。

 

 

 材料と作り方、そして効能についての説明です。

 

材料   4人分

ひえ粉50g、菜種油50g、玉葱2個、金時人参1本、キャベツ1/4、塩糀大さじ5、塩(海水の天日干の塩)適宜、水4カップ

作り方

まずベースのスープを作ります。フライパンに分量の油をいれます。玉葱を陰陽切り*にして、塩麹を加え、しんなりするまで炒めます。

ひえ粉を数回に分けて入れて、油となじむよう低温で炒めます。

粉がすべて入りましたら、少しずつ水を加えて、お好みのとろみに作り込みます。

*陰陽切り……植物の形に沿い、一片の中で陰陽のバランスがよくなるように食材をカットします。丸い玉ねぎは、芽の出る方(上)と外側が陰性、根の方と芯のある中心部に行くほど陽性になります。陰陽を意識した切り方のポイント

「野菜が畑にある状態」を思い浮かべること。植物が育つ方向に向かって包丁を入れるので繊維を切断せず、食感は穏やかになります。

玉ねぎの回し切り

・皮をむき、芽の部分と根の部分を取る

・玉ねぎを縦半分に切り、芽を上、根を下にして立て、中央から放射線状に縦の繊維に沿って包丁を入れていく

・玉ねぎを回しながら最後まで薄く切る

具材は、全て無水調理*します。

*無水調理……鍋内をオーブンのように密閉状態に近くして、その中で蒸し調理をします。野菜が本来もっている栄養素を損ないません。煮炊き物のような通常の調理をすれば水に溶け出してしまう野菜の栄養流失を防ぎます。

 

先ほどのベーススープに、無水調理したお野菜を入れ、天日塩で味を整え完成です。

 

効能

ひえは、善玉コレステロールを高める働きがあり、アレルギーが出にくい食品です。ミルキーな味が特徴です。単体ですと、冷えるとぱさぱさするので、調理工夫が必要です。今回は、粉になったものを選び、消化しやすいようシチューにします。

 

母乳

  • 1 母乳は血液から作られる
  • 2 水分の摂り方を見直す
  • 3 鉄分、たんぱく質、カルシウムを摂る
  • 4 滋養のあるものを食べる

 

母乳は血液から作られますので、まず第一は血液の量を増やすことと、血液の質を良くすることが重要になってきます。

栄養がある温かい飲み物のほうが胃腸に優しく母乳の出はよくなります。胃腸と母乳の経絡はつながっていますので、胃腸が冷えると出にくくなると言われているのはそのためです。

母乳にはコラーゲンも含まれるので、授乳期は一時的ではありますが、更年期~老年期の様な身体になります。

お母さんの身体は、妊娠中から、出産、授乳と大変過酷です。少しでも皆で協力出来るような、環境を刻家で作っていきたいなと思います。

 

 

最後までお読み下さりありがとうございます。

北村眞理子について

ひまわり色の浴衣 このブログを書いています北村眞理子です。 風情のある和の空間『刻家』で 本来の アナタの美しさ・魅力を引き出すプロフェッショナルです。 和装・洋装を問わず、あなたの自信に繋がるパーソナルカラーをお引き出しします。 くわしくはこちらをご覧ください

刻家

大阪市中央区内久宝寺町2−7−14

築100年の風情のある町家のレンタルキッチンレンタルスペースを主催しています。似合うカラーを知りましょう。

メイク×パーソナルカラーの知識をもとに、あなたに似合うキモノや洋服の色、着こなしをトータルにご提案します。

個性を活かした着こなしのご案内はおまかせくださいませ。

・着付けレッスン
・カラーのコンサルティング

こちらから、お気軽にお問い合わせくださいませ。