京都の”ギャラリー日日”へ行ってきました

京都の”ギャラリー日日”へ行ってきました

先日雑誌で見かけまして、とても気になるギャラリーでしたので行ってきました。

HPを拝見するとこのような案内がありました

あたらしい日日が開業します。

京都御苑と鴨川にはさまれた、御所東とよばれる静かな町です。 御苑の樹樹のあいだを散策しがてら、いらしてください。

鴨川のほとりにも歩いて出られます。 入り門に見越しの松をみつけたらどうぞお入りください。 小さな蔵がかたわらで佇む古い家です。

エルマー・ヴァインマイヤーの眼は二十年ものあいだ、 職人のしごとに注がれてきました。 あたらしい日日もまた、その視線を受け継ぎます。 すぐれた手仕事に光を当てる場所、 にちにちの暮らしのための愛しい道具たちが主役です。 それでいて型破りをおそれず、「職人のしごと」の発信地として、 ものの溢れる時代に果敢に挑もうと思います。

京都にお立ち寄りの際には、どうぞ足をお運びください。

日日 ギャラリー

日日

看板もなくひっそりと威厳に満ちた佇まいに、初めは驚きました。お玄関の扉を開けるのを思案しました。思い切って引き戸をあけて、「こんにちは。お邪魔致します」とお声をかけさせていただきました。「おいでなさいませ」の声を聞きほっとしました。写真は、取り忘れたのですがお玄関へ入ってすぐの、タイル敷きの美しさに目を奪われました。

お店の方とお話をさせて頂き、常設の展示品をゆっくりと拝見しました。今私がまさに追い求めている風景でした。日本家屋の美しさに心うばわれました。このようにシンプルに暮らしてみたいと思いを馳せました。写真にはありませんが、開け放たれた庭へ続く廊下に置かれた、鉄製の蚊遣りの美しさに出会える季節に伺えたことに感謝します。

 

 

 

 

 

 

 

お茶室をリノベーションされた併設されている煎茶とハーブティーのいただけるカフェで、お店の方にお話を伺いながら、ゆったりとした時をすごしました。いただきましたお茶もお菓子も心に残りました。

 

北村眞理子について

ひまわり色の浴衣 このブログを書いています北村眞理子です。 風情のある和の空間『刻家』で 本来の アナタの美しさ・魅力を引き出すプロフェッショナルです。 和装・洋装を問わず、あなたの自信に繋がるパーソナルカラーをお引き出しします。 くわしくはこちらをご覧ください

刻家

大阪市中央区内久宝寺町2−7−14

築100年の風情のある町家のレンタルキッチンレンタルスペースを主催しています。似合うカラーを知りましょう。

メイク×パーソナルカラーの知識をもとに、あなたに似合うキモノや洋服の色、着こなしをトータルにご提案します。

個性を活かした着こなしのご案内はおまかせくださいませ。

・着付けレッスン
・カラーのコンサルティング

こちらから、お気軽にお問い合わせくださいませ。

Category :