薬膳士の筋トレ日記 vor2

一週間ぶりの筋トレ

2019/10/10

今朝の目覚めは、ここ近年ないくらい素晴らしい目覚め。

絶好調→(昭和的表現ね)身体も気持ちも満たされてます。

トレーニングに向かうまでに一仕事も終えました。

品川幸子パーソナルトレーナーの指導の元トレーニング開始。毎回1時間その日の身体の様子を見ながらトレーニングをします。

一通り身体をほぐしてから、ヒップのトレーニングを終え、わたしにとっての大難関。腹筋と側筋のトレーニングです。

しっかりと、体感を意識して呼吸とあわせて腹筋です。

気持ちは、腹筋縮めてますが。。。ほんとに気持ちだけですね。品川トレーナーの腹筋は、見事に美しく綺麗にCカーブを描いているのに、わたしは、まだまだCカーブには程遠いですね。

首の必死感が、腹筋を使っていると

脳が待ち構えて認識しているようですね。腹筋が全然縮んでませんね。

もっとcカーブのイメージトレーニングをしていきます。

このあとはウエストを作る側筋のトレーニング。

身体の下になっている方の側筋を鍛えています。イメージとしては、身体を側筋で持ち上げるという感じです。

次は一番弱っている内腿のトレーニング。シニアの女性が一番早くに弱まる筋肉です。放置しておくと様々なトラブルにみまわれます。

※内転筋とは「恥骨筋」「大内転筋」「長内転筋」「短内転筋」「薄筋」といった太ももにある小さな筋肉の総称のことです。主な働きは骨盤の固定や姿勢の維持、安定した歩行などで、私達の日常生活において使用頻度の高い、人体に欠かせない筋肉です。

https://smartlog.jp/72815 参照

とトレーニングしたい内転筋にチカラが入らない????なぜ???

骨盤底筋の強化が必要だそうです。

課題がいくつも浮上してきました。

肋骨のデザインは呼吸で出来る

内転筋を鍛えて骨盤を安定させる。

骨盤の形は変えるのは、出来ませんが、肋骨のデザインは呼吸で出来るそうです。

私の骨盤は、四角い形をしているので、どうしても寸胴体型にみえます。カーブをつけていくには、肋骨を呼吸でデザインしていくとよいそうです。

そうです。憧れのくびれウエストです。

呼吸でくびれは作っていけるのです。

呼吸をマスターして、自分のコルセットをこれから強化していきます。

前重心の私に一番きついトレーニング

上半身をキープして、手を後ろに落とす動作がこれほど難しいとは、おもいもよりませんでした。

思っている以上に前重心になっています。品川トレーナーのダンベルに下へむける加重だけで体感がグラグラになって、二の腕の内側に全然チカラがはいりません。

自分の身体をコントロールしたい

トレーニングを始めてほんとによかったと思っています。

加齢による身体の変化に目を塞いでいました。

一つ一つ向き合って、目覚めさせます。

身体の反応は、試さないとわからない。。これが実感です。

しばらくは、食事に強筋骨の薬膳の素材を組み込んでいくことにします。

根気よく、向き合っていきます。

最後までお読みくださりありがとうございます。

この記事を書いた人

眞理子

眞理子

大阪谷町 レンタルスペース刻家のオーナー 北村眞理子 です。

専業主婦の経験を活かし、心身ともに健康に美しく時を重ねる場所。

時をつなぎ人をつなぎ笑顔の花咲く場所として、刻家とともに在り続けていたいと思います。

心身ともに健やかにすごすことを楽しんでいます。オーガニックライフ。安心して身体も心も健やかに健康に。天然酵母を使用したパン、吟味した食材の販売をはじめました。

刻家のお稽古

季節ごと、美味を食す幸せを
日々の暮らしに、着物を纏う嬉しさを
新しい世界を知り、深く学ぶ喜びを
日々の暮らしを豊かにする愉しみを
大切な人たちと共に、人生を楽しむひと時を