私が朝ランをする理由

朝ランを始めた理由

朝ランを始めたのは、昨年の2018/10/21日 過去のデータを数えてみると、今日56回目の朝ランでした。

そもそも何故朝ランが始まったのかは、ほんとに単純な理由からです。九星氣学を深く学んでいる友人に教わり、吉方位というものがあるのを知りました。

ふと、それなら自宅から八方位の神社を⛩検索して地図作ろう!と思いたちました。驚くことに、自宅から4キロから8キロの間にきちんと神社が鎮座していました。この距離ならお散歩にいいかも。と思い思い立ったら吉日の私の思考。すぐに実行に移しました。

初日がなんと最大距離の7.5キロ。歩くつもりが走ってみたら、4キロくらいはランニングできました。

初日に最大距離をクリアして走れることが判明した私は、日々吉方位ランニングを開始しました。

早朝に吉方位に向かい神社⛩に参拝しますと、1日が気持ち良くはじまり、幸福感かふえます。先生曰く、日々幸せを感じることが吉方位の御利益です。ともおっしゃっています!

いきなり走るとどうなるの

約1カ月休みなく、連走日々タイムも良くなってきて早起きも全く気にしなくなりました。

ところがです。左の内くるぶしの辺りに違和感を感じ始め、痛みがマックスになりました。

ランニングを常日頃されていた友人から、靴のことや走り方など色々心配してアドバイスをいただきました。

私の身体のメンテナンスをしてくださっている

はりきゅう和 の山崎先生にも丁寧に治療していただきました。

丁度この怪我の時に、私が学んでいます薬膳の授業で、ほんとに偶然に、怪我や病気のメカニズムを学びました。

私の怪我の理由を中医学から検証

  • 急激に始めたランで左内くるぶしに、負担がかかる
  • 考えられる理由は、足首が日頃の癖か、靴の形状で常に同じ場所を刺激
  • 刺激と疲れから湿が溜まりはじめる
  • 休みなくランをしたので、疲労から瘀血コーティング
  • 痛みがマックスになり、治療日数も要する

授業の内容と私の怪我が、あっ!同じだ!と思った理由が、針の治療中にほんの少し患部に針を刺しただけで、血がじわっと出てきました。

先生か、『瘀血が溜まってるね!』

私 『それ、丁度授業で習いました』

痛みのある箇所を剥がすように丁寧に針で瘀血を出しました

先生 『3日後くらいに痛み消えてくるかなぁ?』

『完全に治してからランしましょう。焦りはいけませんよ』

私 『はいっ!』

そして、なんと3日後痛みか引いてきたのです

先生の治療に伺うまでに少し時間がかかったのも長引いた要因だとおもいます。

痛みの経過

  • 痛みが2018/11/26のランの帰りにマックスになる
  • 2018/12/1. 1日ということで無理してラン
  • 2018/12/5 針の治療
  • 2018/12/8. 痛みがなくなる
  • 2018/12/15ラン再開

休むことの大切さとログ

怪我の次には、体調不良でランを休んでおりました。

トレーニングには、休息も重要だと、痛感しました。

氣が先に行ってしまうからですかね。

Apple Watch

笑い話ですが、Apple Watchを手にした日に嬉し過ぎて、装着して眠ったら、朝充電切れしていて、

あれ?故障?なんで?などドギマギしていたらあっと言う間に時が過ぎ、ランのタイミングを逃しました 笑

しっかり充電して、昨日のログです。初日から満点いただきましたよ!また、やる氣全開です。

ランニングしなくてもこれくらいの距離を歩いてるいるのですね。

そしてこちらが、今朝の歩数です。

日々の、記録をとってくれることで体調管理にかなり役立つ予感です。

最後までお読みくださりありがとうございます

刻家のお稽古

季節ごと、美味を食す幸せを
日々の暮らしに、着物を纏う嬉しさを
新しい世界を知り、深く学ぶ喜びを
日々の暮らしを豊かにする愉しみを
大切な人たちと共に、人生を楽しむひと時を