薬膳で体調管理。糖質制限も併用して体調はどう変わる?

大阪の国際薬膳学院に通い始め9回目の講座で舌診を学びました。実際に自分のしたを観察して驚きました。ひとりひとり顔が違うように、個々の舌はまったく違っていました。

人と比べることによりとても、わかりやすかすくなります。色、形、大きさ、しっとり感、厚みなどが比較しやすくなります。写真では、少し失礼な写真になってしまうのでお見せできませんが、私の舌は、大きめで、サイドに歯型があり全体的に白っぽく、下の先端に赤い斑点があり、舌の裏の部分に静脈の塊が見られました。(これ本当に人と比べるからわかりやすかったです)

そして、テキストと照らし合わせて診断です。私の場合は、瘀血 気血両虚 陰虚 言葉は専門用語で難しいですが、要するにストレスから血流が悪くなり、夏の疲れで血も水もやや不足しているので、それを補う食事をとるのです。

こちらを改善する食材をメモして買い物をして食事を作ってみました。

  • 白菜、きのこ、ニラ、白木耳、大豆、クコのみ、棗、八角のスープ煮
  • 大根おろし
  • 黒きくらげと瓜と豚肉の黒酢炒め
  • 卵焼き
  • ゴーヤチャンプル(ゴーヤ、人参、豚肉、木綿豆腐、鰹節)

糖質制限にも取り組んでみます。

今回は、日々の身体の声を聞いて食事を取ることと、糖質制限も同時に行うことにしました。舌にもはっきりと出ていたのですが、睡眠時間は足りているのに睡眠不足の印がはっきりと出るのです。朝、起きたときのすっきり感が感じられない日が続いています。特に、日中ランチの後の睡魔も感じました。夏の疲れもあるのかも知れませんが、この際睡眠についても人体実験で検証してみたくなりました。自分の身体を使って人体実験です。よりよく変化して行くように、日々考えたいと思います。

薬膳は「目福」「口福」を享受することができます。

食事を色や味、見た目の美しさを楽しみ身体が、もともと持っている抵抗力や自然治癒力を高めていきたいと思います。

心身の様子
髪、爪、肌のようす
メンタル、
睡眠
などの色々な角度から観察し、変化の記録を記していきたいと思います。

最後までお読みくださりありがとうございます。

 

この記事を書いた人

眞理子

眞理子

大阪谷町 レンタルスペース刻家のオーナー 北村眞理子 です。

専業主婦の経験を活かし、心身ともに健康に美しく時を重ねる場所。

時をつなぎ人をつなぎ笑顔の花咲く場所として、刻家とともに在り続けていたいと思います。

心身ともに健やかにすごすことを楽しんでいます。オーガニックライフ。安心して身体も心も健やかに健康に。天然酵母を使用したパン、吟味した食材の販売をはじめました。

刻家のお稽古

季節ごと、美味を食す幸せを
日々の暮らしに、着物を纏う嬉しさを
新しい世界を知り、深く学ぶ喜びを
日々の暮らしを豊かにする愉しみを
大切な人たちと共に、人生を楽しむひと時を